新しいところで頑張る。

久しぶりに更新をしてみます。

 

(書いていたらややこしいので説明。

この記事には3人の若俳がでます

 

・推しくん=降りました。もう現場も新推しと被らなければいきません。

りあこにはなれませんでした。正味2年ちょい。基本全通か平日昼だけ落とすけど他はいくくらいにはお金はかけました。ある日すぱっと。降りた。

 

 

・元推しくん=2、3年くらい前に降りました。りあこしてました。

現場に復帰しましたが、推しにはなりませんでした。現場にはこれからも行きます。なんせ仕事がないので。

 

 

・新推しくん=1年くらいちまちま現場にいっていました。

胸を張って推していこうとおもいます。りあこにはなりそうにありません。でも楽しい。)

 

 

推しくんの現場と元推しくんの現場を卒業して

いまは新しい推しさんの現場にいます。

(なお元推しくんの現場はちろちろ行ってます(元推しは現場数が少ないのでなんとでもできます!))

 

正直、若俳のおたくをやめると思っていました。

まあそのつもりでおたくの私を知っている元推し現場で、

サヨナラの準備というか悔いがないようにで戻ってたつもりです。

 

しかし

なんと降り先を見つけてしまいました。

 

「新しい推し」さんといえるようになるまでには1年くらいはかかりました…

推しくんを推しているときも元推しの現場にいるときも

気になる贔屓として見に行ってたくらいの感じの方です。

 

まあ友人からは推しだと思われておりましたが、

無事推しくんから卒業して半年近くなったので新推しさんのおたくっていえる!

っていうのが今っていう感じです。

(いや結婚じゃないんだから、って思います。なんとなく整理がついたのが今ってだけです。)

 

 

新推しとは楽しくやっています。

同担の友達は欲しいですがいまは彼も売り時で新規かき入れまくりで()

なかなかいい感じのお友達ができぬまま進んでおります。

 

推しくんのときみたくなりたくないのでできれば友達が欲しいなあ。

しかしどのように作るのだろうか。。。という状況です。

 

またこのカテゴリにブログを書くなんて驚きですが、

元気にやっていこうと思いますのでよろしくお願いします。

 

そして追記:

やっぱりりあこしてた自分が一番良かったというか、

りあこになれなかったことは嘆いています。

多分そしたら恨み嫉みや悪い感情も含めて推しくんに向けれたのに。

わたしの中で推しくんへの感情が全く死んでしまいました。

あんなに好きだったのにいまは何も思えない。

それだけがショックです。好きではいたかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

遠征のすすめ

楽しいことを考えよう。そうだりあこ服を買おう。

 

 

なんというか推しくんを降りてからちょっと金銭的な余裕がちょっとできまして。
(元推しの現場がないだけ)


まあ推し関係なくいく現場もいくつかあるし、

元推しの舞台全通だし冬服買うぞーってなりました。

 

ここで気持ち新たにですねーりあこ服を買おうと思いまして。
そういうものをですねーZ●ZOで探しました。


それから化粧水もライン買いして

クリスマスコフレもエスティーローダーとDiorの買ったりですねー
あとMKの香水も買いました!充実です。ほくほく。

 

 

(どこにきていくんだとかそういうのは今言わないでくださいね!)

 

 

それから転職活動も始めました。
有給とか有給とかの関係で踏み出せずにいたけどそろそろね。

 

 

ただでも、なんのためにっていう目標がないので

本当にそこはしんどいなあと思う。


観劇のためではあるんだけど数求めなければ何とでもなると思うの。
となってしまいモチベがあがらない。

 

 

年末年始に旅行でもいくかーと浮かれてみたりするんだけど、

遠征じゃないとどうも腰が重い…
根っからのおたく体質です。グアム公演とかないですか?

 

 

ということで、今年の遠征はですね、海外が2回国内が9回みたいです。
備忘録をちょっと前に書いてたんですが大したことないのでさくっと。

 

 


・東京⇔北海道
LCC早朝深夜で弾丸で日帰りでもいけることが判明したので実践。
北海道らしさも空港にいけばあるので、お土産も買えるし思ったより時間に余裕あり。
早朝便の空港までと深夜便の足を考えられれば全然ありだし
なんなら天王洲にとまることで翌日銀劇マチソワができるので、1人の場合は日帰りもありかなと。(ただし真冬は飛行機が走らないことも想定しておく必要あり。逆に日帰りにして1泊2日になったこともあるので、よかったーってこともあった。)


ホテルとまるなら札幌駅よりも地下鉄最寄りのホテル探すほうが安いのでどうしても会場近辺じゃないといけない理由がない限りは離れるようにしてます。

6駅で15分とかわりと感覚は東京都市部の地下鉄でいいのかなと思う。

3駅くらいはあるける。酔っぱらって5駅歩いた。

ただやはり、そこまで気温差がない時期も夜は寒い印象なので、+1枚は必要かな。

 

締めパフェは友達といかないと並べないけど締めラーメンは死ぬほどおいしいので、いくらでも行ける。いくつかいったけど、ラー博みたいなところに割とあるんでめんどくさければそこ。
海鮮丼は正直どこで食べてもおいしかったので日帰りのときは空港内でいいかな。
スタバの限定メニューもおいしいので空港最高です。空港だけでもいい。


・東京⇔大阪
夜行>飛行機>新幹線
飛行機とパックになっているのが結局安いかもと思い今年は割と超期間滞在が多かったので飛行機でお宿含めて予約がメイン。

日帰りとか一泊だとか公演スケジュールによっては夜行にしていたので、新幹線は正直3回それも片道しか乗っていない。

新幹線のメリットは時間だけなので、翌日現場で帰ることになったときにめちゃめちゃ重宝した。ありがとうございます。
夜行のいいところは安い。特に平日遠征で1万円で1泊2日にご飯食べてもいい。
ただし真冬は渋滞や雪規制があるので注意。

飛行機は長期滞在だと宿込みでめちゃめちゃに安いので、3日以上いるときは基本は飛行機がおすすめ。こちらも雪には注意。

夜行の場合は、難波でもいいけどあれば天王寺がおすすめ。
スパワールドにいって仮眠・風呂とメイクが鉄板。

ただしコテがないので持ち込みしたほうがいい。
お土産買う場合はやっぱり安くておいしいりくろーおじさんが多かった。
新大阪駅の新幹線付近は並ばないから好き。時点で天王寺の店舗が空いている印象。
まぁ時間があれば、なんばでもいいかなあと思う。それ以外は空港にもある。
自由軒のカレーは友達つれてったら喜んでもらえた。どうとんぼり神座も好き。
たこ焼きは結局なんだかんだ会津屋に行きがち。あとはタコキンもいく。

若俳おたくっぽいので今年一番遠征した先です。

 


・東京⇔福岡
とにかく市街地にホテルがめちゃめちゃあるので都市部で十分安いホテルがある。
福岡遠征は、博多駅以外まだ泊ったことないないので教えてほしい。
わたしは福岡の場合はラーメンと、もつ鍋と、それからうどんがオススメ。
うどんがおいしい。うどんとかき揚げ。うどん平、大地のうどんで迷う。
移動手段は正直タクシーが一番多くなりがち。

結構話していろんなこと聞くのが好きなので。でもまあ安いのでタクシー楽。

空港から近いのが一番すごいので、感動する。お土産も空港かな。

駅でも結構充実してますよね。まぁめんたいこ買う。


番外編 北九州
小倉すごく便利だし近隣での公演の場合の拠点になる。
えーすりーは山口付近じゃなくて広島方面か小倉がいいなと思ってるんですけど、
どーも広島行きたいので広島かな。

 

 

・東京⇔東京
番外編です。東京結構泊ってます。
さっきも書いたけど天王洲アイルは空港挟むときにすごく便利だしなんだかんだ僻地なので泊まるとめちゃめちゃに楽。
銀劇通うために大江戸温泉に泊ったんだけどそれもめちゃめちゃ良かった。
マッサージ付けたらちょっと高かった、体ボキボキおたくには優しい。
あとは空港早朝便のときは川崎にも泊りました。神奈川ですが。
あと泊ってよかったのはサンシャイン。朝から並ぶときだったと思うんですがとっても便利で、並びながら戻ったりとかそういうのができる。ポイントカードもあります。
仙台とか夜行でいった帰りとかはバスタで降りて歌舞伎町が鉄板。
女性専用のお風呂とか結構あるんですよね。安い。
んでもって朝は危険なのでできればタクシーで。500円以内でいけます。
貰いゲロも平気だし、絡まれても平気なら歩いて行けるんですけど。(わたしはどうも貰いゲロするのでタクシー)
TDCで盛り上がりすぎてラクーア泊ったりとかもしました。全然あり。
東京都内に住んでいても東京泊るのってたまにはありかなと思います。
もちろん推しにお金をかけるのが第一ですけど、早朝勝負とかなんかあるときは全然。
ちょっと前に幕張のほうも泊ったんですけどじゃんぷふぇすたも快適だったので。
楽を取るのもありかなーって思います。たまには。でも基本は浴場に泊ってるんですけどね。

 

個人的に旅行で行ってよかったのは伊豆・熱海ですかね。
熱海は結構若俳撮影してたりするので聖地巡礼もできるかもしれないですね。


海外編書くつもりだったんですけどおいしい店ばっかかいててちょっとなと思ったので
気が向いたらあげます。

みなさんの遠征ライフをおしえてください。

おいしいおみせ。ぜひ。

降りた私と、久しぶりの元推し

推しくんの現場のあとなんとなくで元推しの現場のチケを集めているだけの人間です。

 

ややこしい、

推しくんは私がこないだまで推していた方を指します。

元推しは私がりあこしてた人です。

 

 

推しくんの現場にいかないと自分がほんとに何者か問う時間が増えます。

私は誰・・・?

 

多分何者でもなく、何者にもなれず私はわたしだし、
推しくんにとって1ファンとしてやってきたただのオタクだなあ。とても弱い。

 

 


前回の記事もありがとうございます。
推しくんのこと一生いい俳優だと思うけど
いまの推しくんは好きじゃない。そんな感じです。

 

解れた糸が引っ張るともろいような感じ穴は広がっていくかんじで、
モチベがさがってから降りてってあっという間です。

 


そもそも、推しくんは演技は好きだけど人としては好きじゃないという。
「役者」の推しくんがすきで

単体には引くほど興味が持てなかったところが正直あります。

 


そして今役者としての自信も誇りも、

努力も
仕事内容も少しずつ陰りがでてるとおたくからみてもわかるのに
満足している(風にみえる)推しくんは私が推したかった人ではないんですよね。。。

 

 

推しくんのファンはいくらでも代わりがいます。
だから私じゃなくていいし、私が降りたところでって感じなんだけど。
どうも気乗りしなくって、結構人気のチケットともさよならしてしまった。

 

 

私の2018年は驚くほど推しくんで埋まっていたので
多分いま310数日くらいだけどぱっとみ100日以上は現場にいて
推しくん以外の他の舞台とか合わせたらもう少し。
そして推しくんもそれだけ仕事してたんですね。
稽古期間も含めたら本当にお疲れ様でしたと思いました。

 

 

来年は誰がこの期間を埋めるのだろうか、と少し虚しくもなるけど。

 

 


推しくんを降りたので元推し現場にいくことにしてなんだか余裕があるんですけど。

(チケット余ってます。推しくんとはちげーや!)


春はまた新しい舞台でにぎわいそうですね、頑張ります。

 

 

なのでそれまで元推しを少し追いたいけどもうちゃんと通ったの久しぶりすぎて…

 

まあもれなく同担はお互いに監視するようなりあこ多めの元推し現場だったのですが、
最近はファン層が変わっている気がするのですが

何かいい意味でも悪い意味でも落ち着きがあり、
元推し多分人気最下位…??(大体元推しの所為(察してください))

 


プレも大体決めたんだけどもう好みもわからん…

花も…いる?
さらにいうとチケも確保してるけどこのモチベーションで
無事に初日を迎えられるのかいまから不安に不安を重ねております。

 

 

その舞台の前にもちらほらイベントがありまして、
暇なので予定が合えば言ってるのですが

相変わらず言動に不安が多くて
現場に行くたびに冷や冷やしています。

 

いやーでもほんと恋心はなくてもいいお兄さんって感じで、
りあこじゃないから気が楽だし、緊張しないし楽しい。


「降りて戻ってきたの?(意訳)」って言われたときは

ちょっと何だそれって思ったけど、
「推しには絶対しません」と本人にも断言したので、
なんか次の推しが定まるまで私は、元推しの現場にいると思います。
レート低いからランダムも買取でいけそう?というか買う人いる??

 

 

今回降りて思ったのは、楽しかった!で終わるうちが楽しいということ。
推しの方向性で悩んだりして降りるのは精神的によろしくない。

推しくんが悪い、というのか事務所なのか、とか本人の希望なのか、

結局わからないことも多くてもやっとしたりするし、

それでも私が一番好きな推しくんの仕事はやるようなので…

混乱が過ぎます。

 

それから推し中心に生活していたので一気に暇になりました。
その穴をですね埋めるものが必要かもしれません。
私の場合はそれがなくって、暇すぎてちょっと病みました。


結論元推しの現場がなんとなくあったのでそっちにいってみて
なんとなーく回復しましたが、ちょっとでも嫌なところがあったときに、
二推し作っておくべきというとあれですけどいいなーって子がいれば
そっちにいけたかなというところ。

いなかったわけじゃない気もするんですが熱がひいている。


元推しの現場が嫌っていうわけじゃないのですが、

推しにはならないので、
こっから先の不安を私は残しています。

 

スパっと若俳を追うのを辞められる人なのであればいいと思うんですが、
私にはそれができず…かといって、

観劇を辞められないのでいつか出会える、
新・推しくんの現場を探してさまよう亡霊になります。

 

 

多分沢山現場が増えるころにみたいものや役者が増えていることを信じて
いまは元推しの現場にいようかなーと思ってます。

 

 

 

”推しくん”とのさようならと元推しの現場。

”推しくん”とのさようならをしてきました。


正しく供養されました。(?)

 

最後の現場ってなぜか良席…

いや前方ではないけど推しくんがよくきてくれる感じの位置でした。

 

 

帰り道はいままでのことを思い返して死ぬほど降りたくなくなり、

前言撤回すると思いきや、家についた瞬間やっぱり降りる…と結論。

理由はやっぱり、推しくんに対してが1割、同担に対してが1割

現場を減らす私が推しくんのことを推しっていうことに対しての気持ちが8割。

 

そんなこんなで手元のチケがほぼなくなりました。

 

そうしたら、なんと元推しの現場が決まりました。

行き先のないわたしはチケット戦争に挑む覚悟で

有料会員になっていきます宜しくお願いします。

 

 

そう、なんだって推しくんを推して生活していたところがあり

何にも予定がなくなっている状況。


なにもないことの不安のほうが勝ってしまいました。

降り先にはならないなあと思いながらもいま

すぐに行きたい現場がない状況であったので仕方ない。(?)

全通する準備だけしようと思う。

 


今回、そろそろだめかもなあって思ってからすぐ友達を招集し、

現場の数減らしたら降りたようなもんかなあっていったら、

 

「状況的にはそうだと思う」っていってくれた友人。
「1回でも入れば降りてはないのでは?」という風にフォローしてくれた友人。

 がいました。ありがとうございました。

 

正直ここはもう個人の感覚かなあと思います。

ただ私の場合は、ですが、、遠征いかなかったり、全通できなくなったり、現場を干してしまったり、がちょっと続きました。

チケットの枚数で推しくんへの気持ちを表していたところがあったのかもしれません。

 

表すものが前よりも減っていく感覚は、

気持ちが減っていく、なくなっていく感覚に感じました。

 

なので、降りるのが結論になりました。

推しくんのことは今でも好きな役者です。

そこはたぶん一生変わらないです。

多分枚公演1回以上は現場に行くと思います。

 

 

割と盲目にやってきたと思います。

前回の記事で良質なファンって書いてて

自分でもよくわからないなあと思いましたが、

お金は落としてきたという自信と実感もありました。

逆に言うとお金だけだったのかなと思います。

 

なんだろう、

会えてうれしいっていうのとかはなくって

売れてほしいとか新しい仕事してほしいとかの気持ちで

だから人気であることを運営にわかってほしくてお金を使うことが増えた。

 

これは前記事の良質なファンでいたかったってのは嘘かもですね。

 

推しくんにはいつまでも俳優でいてほしいっていう私のエゴだし、

いろんな仕事してほしいのも望んでいるか知らないし、

所謂茶の間で推しくんにお金をつかっていない同担の人にチケットをあげてみたり

(生でみたら何か変わるかなあと思って)

ここらへんも私のエゴだったなあ。

 

「好きの気持ちは負けません、でもいけません。」

この人をファンと呼ぶのか、同担と呼ぶのかみたいなのがあると思うのですが、

私は呼べない派の人間です。

 

だけど、私は気持ちのほうがなくて「いきます。買います。」だけの人間になってたのかもしれません。

これってどっちがいいんでしょうか。

 

演技に惚れ込んでいるのは事実です。

そこは最高だし、まだまだ伸びしろもあるって感じます。

だから舞台の上にいることにお金を払ってるだけ。でも、それだけ、なんですよね。

盲目といっても顔とか人間性ではなかったので、うーん。

 

 

元推しの現場に通うことになるとまたきっと病むんでしょう。

でも、推しくんの舞台のチケットを増やすことはなく、

いろいろな現場を挟みつつ安定の現場にいくのでしょう。

 


推しくんももう元推しくんなのか。難しい。
りあこだった元推しの現場で私はどうなるでしょうか。(他人事)

 

それでももう少しだけ

若手俳優のおたくがやりたいんです。

推しくんとの最後の夜(意味深)

あと何回、君に会えるんでしょうか。(ぽえむ)

推しくんとのさよならまでのカウントダウンをしています。

 

 


==================
「最後の夜」だと そう思ったら
笑顔でサヨナラ言えそうにない
でも涙だけは 流さないでおこう
二人の出発する時なんだから

たった一粒 願いをこぼせたなら
一つでも何かを変えられたのかな…
たった一粒 願いをしまったまま
今は上手く笑おうと… 傷つきたくない

楽しかったことばかりが浮かんでは
まぶたの裏側消えてゆくよ
想い出の中の心の傷跡は
不思議なくらいに浅く感じる
==================

CHEMISTRY 最後の夜
一部抜粋

 

 

 

CHEMISTRYを聞いてくれ。
いい曲すぎる。

 

失恋ではありません。推し活のほうです。

 

 

推しくんを卒業する(予定の)現場まで指折り数えては、ため息。
最後の夜(公演)だと思うと、笑顔では見れない、というか落ち着いてみれないのではないかな。

 

と、この歌を流しています。

 

推しくんが悪いとは思っていないし、これからも応援したい。
それでも推しとはいえない。それだけだと思う。

 

楽しかったこと、沢山ある。
決まってうれしかった舞台、イベントでおもしろい話をしてくれたこと。

 全部、いい思い出。

 

 

折れてしまったのは私です。
どんな舞台も全通したかった。
チケットを取るところから頑張っていて、観て、さらに物販も頑張って。
元推しに対するような恋はないし、推しの顔も演技も好きなだけで
ただただ、純粋に推しの善良なファンでいたかった。

 

 

善良なファン、

定義はむずかしいけど私の中で
舞台に通うこと
グッズを買うこと
お金を使うこと

ファンとして(悪)目立ちせず

マナーをまもること


だと思って徹底した5年だった。

 

最初は数公演だった舞台も増やして

グッズも増やした。

売り上げになりそうなことはとりあえずして、

アンケートなどもなるべく推しの名前をだした。

 

いろんなものを犠牲にしたと思う。
それでも後悔していない。

 

 

 

推しくんと呼べなくなるだけなんだと思う。
他人からみたらきっと推しにみえるかもしれない。

 

 

それでも

全通もしないし、グッズも買わない。

いまより、お金を使わなくなる。


舞台の回数を増やしたり、頑張るのは簡単なのに

減らすということは

なんというか推しではなくなるのだろうかと思ってしまった。

 

だから

”推しくん”とはさよならなんです。

 

 

次の舞台も楽しみにしています。

 

そう思っているのに、全通する気だったのに。

いまは数枚。手元にあるだけ。

 


全通する作品が終わったら。

きっとその千秋楽が最後の夜。

 

”推しくん”とあえるのはあと少し。

 

 最後の夜を笑顔で楽しめますように。

 

 

PS

降り先を紹介してください。 

現場コーディネートに関する20の質問

ずっと前に書き溜めていたようなので追記して書いてみます。

 最近は推し降りソングを選定してるのでそのうち記事にします。

 

下記、お借りしましたー!

konamon.hatenadiary.com

 

 

現場コーディネートに関する20の質問

 

1:現場とそれ以外ではコーディネートに違いがありますか?

→大きな差、あるか。ありますね多少。

現場に着ていった服を仕事に着ることはありますが、逆は絶対しないです。

現場用のお洋服卸すのは現場から!そう決めてます。

コンタクト化粧髪型は全然変えてます。

 

 

2:現場コーディネート用の買い物はしますか?

→します。

というか基本は現場で着れるかを考えて普段から服を買うようにしております。

会社はなんでもいけるんで。

 

 

3:買い物をされる方へ、購入することが多いのは(服・靴・鞄類・化粧品・装飾品・美容施術・その他)

→圧倒的に服ですが鞄も多いです。

化粧品はシーズンで買うので現場関係なく結局買ってる。ネイルも定期。

あとは美容室とエステ。接近あればフェイシャル周りとヘッドスパも。

 

 

4:ご自身の現場コーディネートは客観的に見てなんのジャンルに当てはまると思いますか?雑誌名などでもどうぞ。

→最近はSweetを愛読しております。

 

 

5:現場コーディネートにおいて特に重視しているのは?(服・靴・鞄類・化粧品・装飾品・肌や髪など自身・トータルバランス・その他)

→服。

体のバランスが悪いのでスタイルが悪く見えないようにバランスは気を使います。

あとは雑にならないように。

全通すると服被りやすいのでなるべく写真撮って違うコーデを組む。

 

 

6:現場コーディネートを選ぶ際に考えることは?(作品やコンセプトに合っているか・推しのイメージカラーやイメージワードに合っているか・自分自身に似合っているか・自分自身が着て楽しい服・推しの好みに合っているか・その他)

→劇場にふさわしいかと推しくんのファンと思われて違和感がないか。

最近はカジュアルな感じでもOKなのもわかりつつ、

でもデニムはとかそういうの気にしちゃう。

 

 

7:現場コーディネートによく選ぶ色や柄や素材はありますか?理由も含めて教えてください。

→花柄。単に花柄が好きだしいろんな柄とか色があるので買っちゃうんですよね…

 

 

8:現場コーディネートを考えるのは楽しいですか?苦痛ですか?

→んー全通だとネタ切れしますが、

元々そういう仕事してたので苦痛ではないかと

 

 

9:他人の現場コーディネートは気になりますか?

→割と周りみてますね。どんな格好が多いのかなとか。

 

10:現場コーディネートにおけるオススメ情報はありますか?(アイテム・店舗・美容知識・その他)

→the CONSCIOUSさんの毛穴クレンジング

接触のときはすごくおすすめです化粧崩れしにくい!

SPA Estherさんもリンパフェイシャルも大好きです。毛穴吸引と洗浄もあります。
すごいいい立地なのでなんだかセレブ気分になれるので最高です。
エステはロミロミがすきです。痩せたい。

 

 

11:現場コーディネートについて皆さんに教えてもらいたい情報はありますか?

→各エリアのヘアセットのうまい美容が知りたいです。遠征するといつも迷うんです。

 

 

12:現場コーディネートに関して参考にしているコンテンツはありますか?(芸能人・フォロワー・雑誌・その他)

InstagramをぱーっとみたりWEARをみたり。

 

13:現場コーディネートについて他人に相談したりアドバイスを求めることはありますか?

→ イベント事の前は相談します。変なとこがないかなって。

 

14:現場コーディネートに関してこれからやってみたい・気になっていることはありますか?

 →んーキャラのモチーフネイル?とか?

色くらいは合わせたことあるんですけどキャラを書いたりモチーフ入れたりはしたことなくて、早めに一回チャレンジしてみたい。

 

15:自分とは全く違うけど気になる現場コーディネートはどんなジャンルですか?

 →デニムで高見え。前述のとおり観劇では会場に合わせて選ぶのでまーデニム履けないけど高級そうなのならありかな。

 

16:現場コーディネートを考える際、推し受けは気にしますか?

 →気にしない。

 

17:意図せず他人と現場コーディネートが丸被りしたことはありますか?

→持ってるものを着てることはあっても丸被りはないかも。 

 

18:現場コーディネートについて推し含め他人からもらったコメントについて教えてください。

→おしゃれじゃないすかてきな。

 

19:現場コーディネートに関する嬉しい思い出を教えてください。

 →元推しは褒め上手だった。

 

20:現場コーディネートにおいて気に入っているアイテムやファッション・スタイリングなどありますか?画像があれば添付してください。

→最近はRMK のフィニッシングパウダー

 

 

以上。

私はもうすぐあなたを降りる

 

 

何を書いてもどの記事でも推しくんの幸せを祈っていて、

恋ではないにしても割と重く推しを推している。

 

板の上で演技する推しくんのことが本当に好きで、

お金を払ってそのエンターテイメントを享受することを幸せに感じている。

 

 

 

先日友達の結婚式があった。おたく会談のDちゃんである。

 

apppap.hatenadiary.com

 

(推し活で二次会出れずな人もいましたが)すごくいい結婚式でした。

推しくんも結婚するときは、仲間に盛大に祝ってもらってな…

と、各々がいろいろな思いで迎えた式ですが、

集まれば推しごとの話をしている私たちもこのときばかりは、真面目に将来の話をしたりもしました。

 

 

私の結論はタイトルの通り、もうすぐ降ります。

なんとなく私の場合は本当に最近ですが、気持ちの終わりが見えてきています。

 

推しくんのことは嫌いになったり変な感情を持つ前に

フェードアウトしようってずっと思っているので、

この手元の大量のチケットが落ち着くころにまた考えるつもりですけど、

さくっと推しくん離れができそうなときに降りるって思ってます。

 

後悔したくないんです。

推しくんを好きだったことや賭けたお金、費やした時間。

これは本当に私のエゴだけど。どうやっても嫌いになれないままでいてほしい。

私が元推しのことを永遠にキレイな恋愛としたように、

推しくんは永遠に素敵な役者で見たい役者でいい推しだった人でいてほしい。

なので気持ちの終わりが見えてきたなーというときが、

降りるタイミングかなとずっと考えてました。

 

「気持ちの終わり」は通ったりしなくていいかなっていう気持ちです。

推しくんのことはすごい好きなことには変わりないんですが複数入ったり、

あとはあまり興味のない作品はいかない、とか。

 

何が何としても推しくんの舞台だから行くし、

埋めるみたいな気持ちがこの間の千秋楽を経て少したって薄くなってきました。

まあまだ薄くなったぞ、レベルなんですけど。

 

 

だからといって結婚するわけでも婚活するわけでもないし、

舞台の趣味を辞める気も辞められる気もしないんですけど。

やっぱり今よりは落ち着いて推しくんをみたいなあ。

強迫観念も、推しくんのおたくだからも取っ払って純粋に芝居を楽しみたいなあ。

推しくんの人気にや新規向けの企業ブランディングに、すこし疲れてきたよ。

 

 

とかいって、次の舞台めちゃめちゃ取れたらどうしよう。。。

おたく情緒が不安定なのですぐ酒を飲む。

 

 

最近のドラマの観すぎかもしれませんが、

純粋な子供の気持ちが一番いい状態で、

いろいろな経験をして私は戻れないところに来てしまったなあと思う。

子供には戻れない。どうあがいても。であれば、綺麗なまま去っていきたい。

 

 

ということで今月も毎週現場があります。

矛盾の塊かよ。忙しいー(´;ω;`)