”推しくん”とのさようならと元推しの現場。

”推しくん”とのさようならをしてきました。


正しく供養されました。(?)

 

最後の現場ってなぜか良席…

いや前方ではないけど推しくんがよくきてくれる感じの位置でした。

 

 

帰り道はいままでのことを思い返して死ぬほど降りたくなくなり、

前言撤回すると思いきや、家についた瞬間やっぱり降りる…と結論。

理由はやっぱり、推しくんに対してが1割、同担に対してが1割

現場を減らす私が推しくんのことを推しっていうことに対しての気持ちが8割。

 

そんなこんなで手元のチケがほぼなくなりました。

 

そうしたら、なんと元推しの現場が決まりました。

行き先のないわたしはチケット戦争に挑む覚悟で

有料会員になっていきます宜しくお願いします。

 

 

そう、なんだって推しくんを推して生活していたところがあり

何にも予定がなくなっている状況。


なにもないことの不安のほうが勝ってしまいました。

降り先にはならないなあと思いながらもいま

すぐに行きたい現場がない状況であったので仕方ない。(?)

全通する準備だけしようと思う。

 


今回、そろそろだめかもなあって思ってからすぐ友達を招集し、

現場の数減らしたら降りたようなもんかなあっていったら、

 

「状況的にはそうだと思う」っていってくれた友人。
「1回でも入れば降りてはないのでは?」という風にフォローしてくれた友人。

 がいました。ありがとうございました。

 

正直ここはもう個人の感覚かなあと思います。

ただ私の場合は、ですが、、遠征いかなかったり、全通できなくなったり、現場を干してしまったり、がちょっと続きました。

チケットの枚数で推しくんへの気持ちを表していたところがあったのかもしれません。

 

表すものが前よりも減っていく感覚は、

気持ちが減っていく、なくなっていく感覚に感じました。

 

なので、降りるのが結論になりました。

推しくんのことは今でも好きな役者です。

そこはたぶん一生変わらないです。

多分枚公演1回以上は現場に行くと思います。

 

 

割と盲目にやってきたと思います。

前回の記事で良質なファンって書いてて

自分でもよくわからないなあと思いましたが、

お金は落としてきたという自信と実感もありました。

逆に言うとお金だけだったのかなと思います。

 

なんだろう、

会えてうれしいっていうのとかはなくって

売れてほしいとか新しい仕事してほしいとかの気持ちで

だから人気であることを運営にわかってほしくてお金を使うことが増えた。

 

これは前記事の良質なファンでいたかったってのは嘘かもですね。

 

推しくんにはいつまでも俳優でいてほしいっていう私のエゴだし、

いろんな仕事してほしいのも望んでいるか知らないし、

所謂茶の間で推しくんにお金をつかっていない同担の人にチケットをあげてみたり

(生でみたら何か変わるかなあと思って)

ここらへんも私のエゴだったなあ。

 

「好きの気持ちは負けません、でもいけません。」

この人をファンと呼ぶのか、同担と呼ぶのかみたいなのがあると思うのですが、

私は呼べない派の人間です。

 

だけど、私は気持ちのほうがなくて「いきます。買います。」だけの人間になってたのかもしれません。

これってどっちがいいんでしょうか。

 

演技に惚れ込んでいるのは事実です。

そこは最高だし、まだまだ伸びしろもあるって感じます。

だから舞台の上にいることにお金を払ってるだけ。でも、それだけ、なんですよね。

盲目といっても顔とか人間性ではなかったので、うーん。

 

 

元推しの現場に通うことになるとまたきっと病むんでしょう。

でも、推しくんの舞台のチケットを増やすことはなく、

いろいろな現場を挟みつつ安定の現場にいくのでしょう。

 


推しくんももう元推しくんなのか。難しい。
りあこだった元推しの現場で私はどうなるでしょうか。(他人事)

 

それでももう少しだけ

若手俳優のおたくがやりたいんです。

推しくんとの最後の夜(意味深)

あと何回、君に会えるんでしょうか。(ぽえむ)

推しくんとのさよならまでのカウントダウンをしています。

 

 


==================
「最後の夜」だと そう思ったら
笑顔でサヨナラ言えそうにない
でも涙だけは 流さないでおこう
二人の出発する時なんだから

たった一粒 願いをこぼせたなら
一つでも何かを変えられたのかな…
たった一粒 願いをしまったまま
今は上手く笑おうと… 傷つきたくない

楽しかったことばかりが浮かんでは
まぶたの裏側消えてゆくよ
想い出の中の心の傷跡は
不思議なくらいに浅く感じる
==================

CHEMISTRY 最後の夜
一部抜粋

 

 

 

CHEMISTRYを聞いてくれ。
いい曲すぎる。

 

失恋ではありません。推し活のほうです。

 

 

推しくんを卒業する(予定の)現場まで指折り数えては、ため息。
最後の夜(公演)だと思うと、笑顔では見れない、というか落ち着いてみれないのではないかな。

 

と、この歌を流しています。

 

推しくんが悪いとは思っていないし、これからも応援したい。
それでも推しとはいえない。それだけだと思う。

 

楽しかったこと、沢山ある。
決まってうれしかった舞台、イベントでおもしろい話をしてくれたこと。

 全部、いい思い出。

 

 

折れてしまったのは私です。
どんな舞台も全通したかった。
チケットを取るところから頑張っていて、観て、さらに物販も頑張って。
元推しに対するような恋はないし、推しの顔も演技も好きなだけで
ただただ、純粋に推しの善良なファンでいたかった。

 

 

善良なファン、

定義はむずかしいけど私の中で
舞台に通うこと
グッズを買うこと
お金を使うこと

ファンとして(悪)目立ちせず

マナーをまもること


だと思って徹底した5年だった。

 

最初は数公演だった舞台も増やして

グッズも増やした。

売り上げになりそうなことはとりあえずして、

アンケートなどもなるべく推しの名前をだした。

 

いろんなものを犠牲にしたと思う。
それでも後悔していない。

 

 

 

推しくんと呼べなくなるだけなんだと思う。
他人からみたらきっと推しにみえるかもしれない。

 

 

それでも

全通もしないし、グッズも買わない。

いまより、お金を使わなくなる。


舞台の回数を増やしたり、頑張るのは簡単なのに

減らすということは

なんというか推しではなくなるのだろうかと思ってしまった。

 

だから

”推しくん”とはさよならなんです。

 

 

次の舞台も楽しみにしています。

 

そう思っているのに、全通する気だったのに。

いまは数枚。手元にあるだけ。

 


全通する作品が終わったら。

きっとその千秋楽が最後の夜。

 

”推しくん”とあえるのはあと少し。

 

 最後の夜を笑顔で楽しめますように。

 

 

PS

降り先を紹介してください。 

現場コーディネートに関する20の質問

ずっと前に書き溜めていたようなので追記して書いてみます。

 最近は推し降りソングを選定してるのでそのうち記事にします。

 

下記、お借りしましたー!

konamon.hatenadiary.com

 

 

現場コーディネートに関する20の質問

 

1:現場とそれ以外ではコーディネートに違いがありますか?

→大きな差、あるか。ありますね多少。

現場に着ていった服を仕事に着ることはありますが、逆は絶対しないです。

現場用のお洋服卸すのは現場から!そう決めてます。

コンタクト化粧髪型は全然変えてます。

 

 

2:現場コーディネート用の買い物はしますか?

→します。

というか基本は現場で着れるかを考えて普段から服を買うようにしております。

会社はなんでもいけるんで。

 

 

3:買い物をされる方へ、購入することが多いのは(服・靴・鞄類・化粧品・装飾品・美容施術・その他)

→圧倒的に服ですが鞄も多いです。

化粧品はシーズンで買うので現場関係なく結局買ってる。ネイルも定期。

あとは美容室とエステ。接近あればフェイシャル周りとヘッドスパも。

 

 

4:ご自身の現場コーディネートは客観的に見てなんのジャンルに当てはまると思いますか?雑誌名などでもどうぞ。

→最近はSweetを愛読しております。

 

 

5:現場コーディネートにおいて特に重視しているのは?(服・靴・鞄類・化粧品・装飾品・肌や髪など自身・トータルバランス・その他)

→服。

体のバランスが悪いのでスタイルが悪く見えないようにバランスは気を使います。

あとは雑にならないように。

全通すると服被りやすいのでなるべく写真撮って違うコーデを組む。

 

 

6:現場コーディネートを選ぶ際に考えることは?(作品やコンセプトに合っているか・推しのイメージカラーやイメージワードに合っているか・自分自身に似合っているか・自分自身が着て楽しい服・推しの好みに合っているか・その他)

→劇場にふさわしいかと推しくんのファンと思われて違和感がないか。

最近はカジュアルな感じでもOKなのもわかりつつ、

でもデニムはとかそういうの気にしちゃう。

 

 

7:現場コーディネートによく選ぶ色や柄や素材はありますか?理由も含めて教えてください。

→花柄。単に花柄が好きだしいろんな柄とか色があるので買っちゃうんですよね…

 

 

8:現場コーディネートを考えるのは楽しいですか?苦痛ですか?

→んー全通だとネタ切れしますが、

元々そういう仕事してたので苦痛ではないかと

 

 

9:他人の現場コーディネートは気になりますか?

→割と周りみてますね。どんな格好が多いのかなとか。

 

10:現場コーディネートにおけるオススメ情報はありますか?(アイテム・店舗・美容知識・その他)

→the CONSCIOUSさんの毛穴クレンジング

接触のときはすごくおすすめです化粧崩れしにくい!

SPA Estherさんもリンパフェイシャルも大好きです。毛穴吸引と洗浄もあります。
すごいいい立地なのでなんだかセレブ気分になれるので最高です。
エステはロミロミがすきです。痩せたい。

 

 

11:現場コーディネートについて皆さんに教えてもらいたい情報はありますか?

→各エリアのヘアセットのうまい美容が知りたいです。遠征するといつも迷うんです。

 

 

12:現場コーディネートに関して参考にしているコンテンツはありますか?(芸能人・フォロワー・雑誌・その他)

InstagramをぱーっとみたりWEARをみたり。

 

13:現場コーディネートについて他人に相談したりアドバイスを求めることはありますか?

→ イベント事の前は相談します。変なとこがないかなって。

 

14:現場コーディネートに関してこれからやってみたい・気になっていることはありますか?

 →んーキャラのモチーフネイル?とか?

色くらいは合わせたことあるんですけどキャラを書いたりモチーフ入れたりはしたことなくて、早めに一回チャレンジしてみたい。

 

15:自分とは全く違うけど気になる現場コーディネートはどんなジャンルですか?

 →デニムで高見え。前述のとおり観劇では会場に合わせて選ぶのでまーデニム履けないけど高級そうなのならありかな。

 

16:現場コーディネートを考える際、推し受けは気にしますか?

 →気にしない。

 

17:意図せず他人と現場コーディネートが丸被りしたことはありますか?

→持ってるものを着てることはあっても丸被りはないかも。 

 

18:現場コーディネートについて推し含め他人からもらったコメントについて教えてください。

→おしゃれじゃないすかてきな。

 

19:現場コーディネートに関する嬉しい思い出を教えてください。

 →元推しは褒め上手だった。

 

20:現場コーディネートにおいて気に入っているアイテムやファッション・スタイリングなどありますか?画像があれば添付してください。

→最近はRMK のフィニッシングパウダー

 

 

以上。

私はもうすぐあなたを降りる

 

 

何を書いてもどの記事でも推しくんの幸せを祈っていて、

恋ではないにしても割と重く推しを推している。

 

板の上で演技する推しくんのことが本当に好きで、

お金を払ってそのエンターテイメントを享受することを幸せに感じている。

 

 

 

先日友達の結婚式があった。おたく会談のDちゃんである。

 

apppap.hatenadiary.com

 

(推し活で二次会出れずな人もいましたが)すごくいい結婚式でした。

推しくんも結婚するときは、仲間に盛大に祝ってもらってな…

と、各々がいろいろな思いで迎えた式ですが、

集まれば推しごとの話をしている私たちもこのときばかりは、真面目に将来の話をしたりもしました。

 

 

私の結論はタイトルの通り、もうすぐ降ります。

なんとなく私の場合は本当に最近ですが、気持ちの終わりが見えてきています。

 

推しくんのことは嫌いになったり変な感情を持つ前に

フェードアウトしようってずっと思っているので、

この手元の大量のチケットが落ち着くころにまた考えるつもりですけど、

さくっと推しくん離れができそうなときに降りるって思ってます。

 

後悔したくないんです。

推しくんを好きだったことや賭けたお金、費やした時間。

これは本当に私のエゴだけど。どうやっても嫌いになれないままでいてほしい。

私が元推しのことを永遠にキレイな恋愛としたように、

推しくんは永遠に素敵な役者で見たい役者でいい推しだった人でいてほしい。

なので気持ちの終わりが見えてきたなーというときが、

降りるタイミングかなとずっと考えてました。

 

「気持ちの終わり」は通ったりしなくていいかなっていう気持ちです。

推しくんのことはすごい好きなことには変わりないんですが複数入ったり、

あとはあまり興味のない作品はいかない、とか。

 

何が何としても推しくんの舞台だから行くし、

埋めるみたいな気持ちがこの間の千秋楽を経て少したって薄くなってきました。

まあまだ薄くなったぞ、レベルなんですけど。

 

 

だからといって結婚するわけでも婚活するわけでもないし、

舞台の趣味を辞める気も辞められる気もしないんですけど。

やっぱり今よりは落ち着いて推しくんをみたいなあ。

強迫観念も、推しくんのおたくだからも取っ払って純粋に芝居を楽しみたいなあ。

推しくんの人気にや新規向けの企業ブランディングに、すこし疲れてきたよ。

 

 

とかいって、次の舞台めちゃめちゃ取れたらどうしよう。。。

おたく情緒が不安定なのですぐ酒を飲む。

 

 

最近のドラマの観すぎかもしれませんが、

純粋な子供の気持ちが一番いい状態で、

いろいろな経験をして私は戻れないところに来てしまったなあと思う。

子供には戻れない。どうあがいても。であれば、綺麗なまま去っていきたい。

 

 

ということで今月も毎週現場があります。

矛盾の塊かよ。忙しいー(´;ω;`)

 

「推し」の概念と重み  

 

 

「推し」とは

 

一推しのメンバーを意味する略語“推しメン”をさらに略したもの。

 

アイドル等のグループ内において、最も応援しているメンバーのことを指す。昔から使われてきた言葉ではあるが、『AKB48』の台頭により、そこまでアイドルに興味を持っていない一般層にも広く知られるようになった。

アイドルに関わらず、アニメやゲーム等のキャラクターについても同様の意味で使われることが多い。

そもそもの語源は推薦する意味の推すであり、転じて他者に勧めることができるほどに好きである様を表している。ゆえにしばしば好きよりも好意度が強い印象を受けることもある。

 

 

引用元:

https://numan.tokyo/words/eGfUZ

 

 

若手俳優、舞台俳優という人たちを好きになっておおよそ15年*1くらい経ちました。

AKBの台頭で認知されたと上記にあったので調べてみたら2005年結成らしいので13年ですか。私としてはその時期推しって言葉を使っていたのか覚えられていないのですが、でもまあ一般用語にはなっているような気がしています。

一般的な意味を引っ張ってきたのはこの界隈の「推し」はきっとそれぞれ思うところがあると思い、広義を持ってまいりました。

 

 

 

私の中の「推し」

 

私がいままで推しですと言ってきた人たちの共通するところ

 

  • お金を払ってでも観たい

→これは私の考えになってしまうけど、「推し無料」好きじゃないです。

無料で生まれるものはないと思っているというか、経済が動いて初めてその舞台が動くので、きちんと芝居や作品や役者にお金を払ってその人を観るかどうかって推しかどうか測るものさしの一つなのかと。無料だったらみたい俳優は好きな俳優かもしれないけど推しじゃない、と思っちゃう。顔がいいとか顔がいいとか顔がいいとかね。

 

 

  • 役ではなく役者、俳優としてほかの芝居をみたい

→もちろん入り口には作品やキャラはあると思いますし、この作品の●●くんを推している人もいると思う。

私の中では「(作品名)の(キャラ)役の(役者)」をみたいというよりも他作品もこの役者を観てみたいと思うのが推しです。作品やキャラや演出のマジックではなく、ほかの出演作、役者自身をみたいかどうか。

なので、出演作はチェックします。

ただ、残念ながら私は、すべての出演作に足を運べていません。

どーーーーーーーーーーーーーーーーしてもだめな演出家がいる関係で、元推しが人質だった作品は1回みてすべて干して以降、チケットを取るのも億劫になりいかなかった作品があって…これはきっと推しよりも優先すべき事項だと体が判断しました。

 

 

 

「茶の間」と「推し活」

 

「(作品名)の(キャラ)役の(役者)」が好きでしっかりとその作品にお金を使っているなら「(作品名)の(キャラ)役の(役者)」推しでいいと思いますが、

ゆーちゅうぶでみました、無料でみたいです、は推しのおたくなのだろうか。

わたしのものさしでは違うのですが推しの意味的にはあっているんだろうなあと眺めています。

時折、茶の間への愚痴をこぼしてしまうのは危機感を覚えているから。

作品がUPされてそれきっかけでのお客さんがいればまだ救いはありますが、ただ垂れ流して浪費する舞台も多いですし、それで作品が消えることも往々にあることを知っているので。人気作もいつまでも人気作じゃないかもしれないですよ。危機感は常に。

 

そもそもチケットが取れないといわれている舞台は本当に少しなので(というか取れないわけがないと思ってますので)その点で、茶の間の皆様とは理解しあえないし、配信でもなんでもいいので運営にお金を落としてから話がはじめられるのでは。

作品がなくなるのは怖いことです。

 

 

「ガッツ」とは

 

 

私は元推しのガッツと言われていました。

前述のとおり、全作品を追ってないときもあったのに。

なぜかというと、

理由は簡単、元推しの現場全通してる人がまぁいなかった。

なので、3作品をそれぞれ1/3くらい通うだけで、同担がわかり、通ってる回数とかがわかりました。とてつもなく暇なときがあって、二作品全通したら、ガッツと呼ばれていました。プレもそんなに頻繁じゃなかったし、通いの作品もあったので推しの人気基準かなと思います。

なので役者さんによってもガッツって違うんだろうなあと思う。

友達の推しくんは全通ループのおたくが大量にいてそれだけでガッツだとかなりいるって聞きました。やばい。私も現推しのガッツさんのことはすごいと思う。

 

 

 

「推しだからいかなければ」

 

ここまで書いて「推し」ってすごい概念だと思う。

茶の間とかDDとか2推しとかいろんな派生もあるので余計に推しという言葉って難しいのかもしれないけど。

私は推しより優先すべき事項はあっていいと思っている。

昔私は推しを中心に自分の人生設計をしていたのですが、最終的には人間としての生き方ということを考えることに至り、いまは日常や生活があって趣味でおたくをしている。

 

なので、推しよりも優先する必要があるものや仕事とか社会的なこととかちゃんと考えられるようになって思う。別に推しが最優先でなくてもいいなあ。推しのためなら!みたいなのは一周回ってなくなってしまった。地方公演や海外公演とかにいくのはいくんだけど推しのためというよりかは私がみたいかどうかに変わった。

 

毎日見たいという公演も自分のためにいってるので支障が出るほどの無理はしないし、あの演出家の舞台には寝にもいけないのでいかない。

推しだから行かなければというのは、0じゃないけど、推しがでているから自分がみたいので行こうという風になってからはそんなに考えることもない。

私が好きなのは役者という仕事をしている推しなのでそこには誠心誠意、対価を払ったうえでエンターテインメントを客として楽しみたい。自分でお金を使うことに関しては、自分で選んで払っていたい。

じゃないといつか降りるときに後悔しそうだと思っている。

 

 

「推しとの距離」

 

私は現推しには認知されてないと信じています。

されると「推しだから行かないと」が加速するのでいまの推しにはいいかな。

元推しはいまでも認知してくれてるっぽい。

それは私がガッツだったからだし、りあこだったからだし、人間同士として(?)彼が私をファンと思ってくれたからだと思う。出席確認今はしていないようですが、する役者だったのと、同担にヲチられてたので、私はいかなければと思ってたところもあって、でもそうなると舞台はつまらなくなった。行かなければならない舞台は楽しめない。

Twitterもあるし接触もイベントも舞台も多いし推す役者によってはいくらでも距離を詰められるけど推しとの距離、私はこれくらいがいいなと思う。

 

 

 

「元推し」

 

自然に離れたつもりだったけど私はこの人に縛られたままだなと思う。

りあこに戻る元気があるわけでも、追いかけるつもりがあるわけでもないけど、現場が入っていないときに元推しの現場があればいくんだと思います。

りあこしてた元推し以外にそのあと推した役者で降りた人はそうでもないんですが、でも結局応援はしてたりするのでスパって降りれるようになりたい。

いっしょうついてきます。 

 

推しという言葉

 

最初に書いた通り、意味はたくさんの中の推しメンってだけなのに

深く考えようと思うといくらでも考えられる。でも考えなくていいのかもしれない。

若手俳優がこんだけいる世界で、推しと出会えたことにだけは感謝したいけど。

 

自分のものさしで推しって決めていい。

好きな俳優を推しっていう人もいれば、ガッツしてようやく推しって認める人もいるし、定義はそれぞれなんだなあとおもうし、くらべるものでもない。

でも一つ言えるのは、「お金を使うことでコンテンツと人が動く」こと。

多量にこれだけ舞台があふれる中で、作品や役者に継続を求めるのには一番重要なことだと思う。

それが自分のため、自分が観たいものであれば。

 

 

 

 

けど、だからこそ

一銭も使ってないクレクレ同担乞食のツイートには返事しないからな。(私怨で後味を悪くする)

*1:15周年おめでとうございます

お盆休みにあこがれた現場

お盆休みがうらやましかった。

さすが弊社は黒いとこあるーと思いながらも推しごとで休みを取りました。

なので結局仕事は忘れた。

 

 

さてこの夏の私は前々から狙ってたお洋服をプレに購入。

推しくんにお洋服プレは本当に悩むんだけど

今回どうしてもどんぴしゃのものと出会ってしまったのでお財布に相談もせず買ってしまいました。

多分着ている姿をあげることはないから、わたしはみることはないのだろうけどまあいい。

趣味的に共演者には・・・んーまああげたもののことは気にしないでおこう。なんかになってればうれしいです。

 

 

ということで、

ほどよく仕事しながら通って休演日には大変に残業してタクシーでかえるというハードスケジュールをこなし、次の日のマチネはギリギリでした。

大人って大変。お盆休みがあればよかった。。。

毎回舞台のたびにお盆休みみたいなのほしい。全通特典って会社でもつかんの・・・

 

あと今回に限らずだけど新規です!っていうなら

舞台初めてならマナーは一通り読んでくれな…ということだけ。

できないならお家で見てください。

 

 

現場でチケット譲る人探したり(ダフ屋かと思われたと思う。)、

すごいやばい同担に絡まれてなぜか謎理論で劇場まで案内することになったので歩いて5分をタクシー移動したり(お金はもらわず、はいついた!じゃーね!ってした、以降見かけてもいないので知らない。)

 

なんだか、

めちゃくちゃに苦痛な日もあったけど

それでも推しくんが頑張っていたので結局オールオッケイだと思っております。

 

 

 

と。まあ夏は現場があったので推し以外のこと

何が進んでるのかここのところ見れてなくてまずはその情報を集めるところからかな。

はてぶろ読むといろんな感想がみられるのでチケ余ってるのはいろいろいってみたいなあ。

 

 

さて

ここまで書いている合間に元推しの現場のチケットをとっていた。

久々の現場だ…

接触はやめておこうかな。りあこだったわたしがまた死ぬので。

でも、視界に入っちゃうごめんね、りあこをやめて元推しになったのに元といいつつ元推しに会いに行く。いやでも本当にたまたま友達の推しもいるので、許してほしいです。

いや許すとか許さないとか関係なくいくし

元推しのことは一生好きなのでたまに見るくらいは必要な行為だと思ってます。

 

推しくんの現場が始まると切羽詰まるのでその前にめんたるを鍛えるんだ。

 

apppap.hatenadiary.com

 

座談会の内容もまとめて更新していないので、そろそろやりたいところ。

需要はなくともおたくたちはしゃべりたいので。すぐ集まる。

同担の友達はいないけどな! 

 

最近は    .5とか舞台が増えててイケメンの供給過多で人類やばいのではないかと私はひそかに思っております。

 

短文すみません。

 

推しくんにとっての幸せってなんですか。

 

推しくんにとっての幸せってなんですか。

 

最近よく考えている。

 


推しくんにとっての幸せ。

 

そこに対して少しでも貢献したい。知りたい、でも知りたくないような。

 

ゴールが見えない推し活のゴールを定めてしまうような

でも目標があるとこっちも頑張れるような。

 

推しくんの仕事の目標ってなんだ…?

 

モチベになるとか、ここを達成しますとか。

雑誌とかで最近はきかれてないような…

 

 

推しくんの目標ってなんだーーーーーーーーーーーーーーーー。

 

 

 


① 推しくんの目標が「人気(No1)」

∟く・・・くるしいなんせ現状人気の俳優を抜かさなきゃならない。

 

推しくんにはネームバリューのある役を何役もこなしてもらう必要があるので事務所と推しくんオーディション頼む。

何役もというのがポイント。

(このご時世なのでコナ●とかだったら一発なのかもしれないけどね。実際なったら絶望する。)

 

おたくができることは金を使うこと。とにかく買う。

金を払うおたくがたくさんいる必要があるので、新規おたくの開拓が必要。

まずは私が金を払うのでみんなきてください。。。つら。。。金持ちになりたい。。。推しくん頑張って。。。

 

 

 

 

② 推しくんの目標が「仕事」の場合

∟えー事務所の売り方に沿ってればうまく仕事は入りそう。。。

 

でも舞台中心の事務所で

推しくんが映像やりたいってなったらどうしいたらいいんだろう。

移籍したほうがいいですよって書く?

でもまあもしそうなら私がすることが一つありまして。

映画の試写会とかでアンケートがあったり映画雑誌にアンケートがあったりするので、当時の推しの名前を書きまくったことがあります。

あとは決まった小さな映像のお仕事もサイトやらTwitterとかに推しべた褒めをしまくる。でもまぁ映像俳優を長く推せたことがないので参考にならないですが映像にいった元推しは元気です。

 

 

 

 

③ 推しくんの目標が「世界」

∟DOUSHIYO!

 

なんでしょうなんでもかんでも推しくんの名前を書くようにするとかはしておきましょうか。

プレにブルーオーシャン市場そうなエリアの言語の本とか入れる???

なんにせよハリウッド映画みたいなもののオーディションに呼ばれるように頑張ってとしかいえない…

日本で一番の人が海外にでれるかっていう世界じゃないもの。

取り急ぎ、その界隈の詳しい人を探して考えます。時間ください。

 

 

 

 

 

④ 推しくんの目標が「何年後も舞台」

∟いぇーい。推しくんありがとう。

 

百年先もとは言いませんがその目標についていくので、どうかどうか下手に炎上しないでくれるとありがたい。

仕事がこないとその目標かなわないんで。

どうぞそのところだけはしっかりと意思と節度をもっていただければ、

私どもは変わりなく応援します。

とりあえず、チケットめっちゃとるので給与あげてください弊社各位。

 

 

 

 

 

⑤ 推しくんの目標が「現状維持」

∟わかりました。頑張りましょう。

 

これが一番大変かもしれない。

仕事がたくさんあってっていう今をこれからも維持するのは難しい。

 

新しい俳優はどんどんでるし、作品の人気も移り変わる。

その中で人気役者としていつづけるのはむずかしい。そんないつまであるかわからない人気を持たせるのも大変だし、彼にって役がどれだけくるのかわからない。

ここまで作品が増えた2.5の旋風はいつまで続くのだろう。

願わくば推しの言う未来もいままで通りがしたいけど作品が減ったとき

推しは呼ばれるのだろうか。それが心配である。

心配だからといってなにができるとかじゃないんですけどね。

アンケートにはいつでも推しくんの名前をかきますね。

 

 

 

 

 

 


番外編

おたくにとっての幸せ

 

私にとっての幸せは「舞台役者」である推しくんをみることです。

 

なので前述の「映像」に本腰を入れたら

いまの推しくんとは次第に離れるのかなと思います。

 

得意フィールドっていうとあれですが、

私には私の応援したいものがあってその中に推しくんがいるんだと思います。

「世界」も追える範囲がきっとあるでしょうし。

 

好きなもののなかに推しくんがいるのか、推しくんがすべてなのか。

 

きっとそこで変わってきそうですが、

私は現状「舞台役者の推しくん」のおたくなんだろうなあと思って生きております。

 

幸せなのは舞台で推しくんにしかできない演技をみれること。


でも、おたくひとりひとりに幸せのかたちがあって、

映像に出てほしいとか世界でとか若手俳優の1番とか、

もっとざっくり笑ってるのが幸せだよーっていうのとか。


だから推しくんが全部を背負う必要もないしやりたいことをやってほしいです。

 

その結果おたくが離れるとかは絶対あるだろうし、

私も永遠に推しくんのおたくやるとは思っていないんだけど。

 

 

願わくば、

仕事はちょっと選べて

アレな演出家とかプロデューサーとかがいない現場で

推しくんにしかできない役を演じてほしいんです!!

 

そのためにもファンの育成が必要ですよね…

チケ配りますね…きてください、まずとれるかな…

結局なんだかわかんない記事になりました…

 

みなさんの推しの目標のために今日も経済が回りますように。