上半期終わって私のマイルール3つ

上半期終わりました。

 

たくさんの舞台にいったつもりだったんですけどそうでもない。
お金は使ったけど、なんというかまあ…同じ舞台でしたね…
例のごとく下半期のほうが忙しいのですでにてんやのわんやをしています。

下半期は推しぴに会いに行くのにケチりたくないので、
いいホテルも取ってみた。たまにはご褒美ということで。
(正し、交通手段は夜行バス)
という旅行(遠征)の設定をしながら会社の仕事を片付けるぞーというところで
ブログを書き始めました、帰れないので仕方ない。

 

上半期の振り返りを、と思ったのですが書こうとおもってたものが残ってました。

「セブンルール」ちょっと前にはやったじゃないですか。
それなのですが、私の推しルールは3つしかないなって思いました。

 ので、それについて書かせてください。

 

 


①後悔をしない


舞台もイベントも生ものなので後悔をしないようにします。
簡単だけど難しいことだなあって思います。金銭的にも精神的にも。
でも見ないでする後悔もしたし、
推しくんのデビュー作で頑張れなかった後悔が割と尾を引いているので
線引きしつつ後悔しないのが大事かな。と思ってます。


②できる最大限に楽しむ


家でてから見終わって帰るまでが観劇です。
観劇自体安い趣味だと思っていないですし、そのために日ごろの節制はするけれども
観劇のときは最大限に楽しみます。


さっきのケチらないもそうですが遠征でも買い物とか観光とかなるべくしたり、
劇場近くのいきたいお店にいって美味しいものを食べたり、
推しくんの舞台に合わせてネイルやヘアメをしたり、
新しいお洋服を調達するのもエステにいくのもたどれば推しくんの舞台観劇。
と、考えて、グッズも買いますし程よく美容をしていまできる最大限に楽しみます。

 

③感謝する。

 


人ってなんらかの対価を求めがちになりやすいと思ってます。

それからもちろん自分が得したいってなります。


私は今、役者の推しくんがすきです。
推しくんは舞台上で役者として演技をしてくれてます。
なので私が払えるのはチケット代とグッズ代、まあおまけでプレくらい。
さいきんの舞台でいうと客降りとかファンサとかもあるけどそこを求め始めたら
楽しく推せないなあと思いました。
一時期求めて良席求めて破産したのでそういうのもやめたい、
推しのファンサが好きなのではない、推しの顔がいいから悪いけど役者の推しくんがさいこうなんだ!
と、よく考えると推しが舞台にたっているのは当たり前のことではないんですよね。
なので推しくんが当たり前に仕事がある今は推しくんが頑張った証です。
なので推しくんありがとう!本当に!私がまた一つ新しい作品にあったのは、
推しくんや周りの大人たちが頑張って認められたんだね。と感謝していきたい。
ファンがいるから、それはもちろんもちろんそうだけど、
それでも昨今こんなに舞台や役者が増えて入れ替わりがあるなかで、
無名の方もどんどんでてきていくなかで推しの努力は絶対にあるんですよね。
だからありがとうって思いますし、次のために感謝してお金を払います。

 

 

推しくんありがとう。

 

 

これからさき、いろいろあって降りることがあっても
このお金が無駄だったなんて思いません。
少なくとも今、頑張ってくれてることへの感謝。
たぶん私が降りても推しくんが役者でいてくれたらうれしいし、
そうじゃなくても幸せでいてくれたらうれしい。
そんな推しくんに出会えたことに感謝。Thankyou。

 

ラッパーみたいに閉めます。ありがとうございました。